【創価学会】石破茂、前原誠司に続け… 公明党が企んだ“鉄道マニア”取り込み戦略の迷走at SEIJINEWSPLUS
【創価学会】石破茂、前原誠司に続け… 公明党が企んだ“鉄道マニア”取り込み戦略の迷走 - 暇つぶし2ch1:プルート ★
20/01/14 19:42:49.84 7FxkVS129.net
 箱根駅伝3度目の挑戦となる創価大学は、往路7位総合9位と大健闘。そして、初めてのシード権を獲得した。
 箱根駅伝は関東地方の大学が覇を競う一大会に過ぎないが、その知名度は群を抜いている。箱根駅伝で好成績を収めた大学は人気が上がり、志願者は増える。そうした効果を狙って、陸上に力を入れる大学も少なくない。
 創価大学は、その名前の通り創価学会が設立した大学だが、設立当時は宗教アレルギーが強かった。志願者はもっぱら創価学会の学会員に限定されていた。志願者が集まらないという状況は創価高校も同様だった。
 志願者を増やすには、宗教アレルギーを緩和するしかない。創価学会がとった拡大戦略のひとつが、野球部の強化だった。これは池田大作名誉会長の発案とされるが、模範にしたのが清原和博や桑田真澄など多くの一流野球選手を輩出したPL学園だ。
以降ソースにて
URLリンク(www.dailyshincho.jp)
石破茂、前原誠司に続け… 公明党が企んだ“鉄道マニア”取り込み戦略の迷走
2020年1月14日掲載 デイリー新潮


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch