バカバカし過ぎて正気を疑うトランプの選挙キャンペーン [きつねうどん★]at LIVEPLUS
バカバカし過ぎて正気を疑うトランプの選挙キャンペーン [きつねうどん★] - 暇つぶし2ch1:きつねうどん ★
22/11/24 19:08:16.35 fYVzMcX/.net
URLリンク(img-newsweekjapan.jp)
トランプは2024年大統領選の出馬を早々に宣言したが Jonathan Ernst-REUTERS

<献金額の14倍の「高額献金者」になれるという「1300%キャンペーン」など、常識では理解できないトランプ陣営の資金集め>

ドナルド・トランプ前米大統領が、投票日の2年も前の11月15日に、2024年の大統領選への出馬宣言をしたのは、大口の献金者を意識したものという解説がされていますが、そこにはトランプ独自の事情があるようです。

2015年以来トランプは多くのスーパーPAC(特別政治行動委員会)という政治資金管理団体を設立して、巨額の資金を集めてはテレビコマーシャル枠の購入や、SNSへの広告出稿を展開してきています。ですが、その多くが「不明朗な会計」を指摘されて使用できなくなっているのです。

そこで、2022年中間選挙では、「アメリカを再び偉大にする委員会」という新しいスーパーPACを立ち上げていました。中間選挙直前ということで、夏から秋にかけてこの団体は一部報道によれば2400万ドル(約33億円)を集めたそうです。ただ、そのほとんどは激しい戦いとなった選挙区に投入されており、すでに残額は底をついていると言います。

つまり、大統領に立候補して話題を提供し続けることで選挙資金を集め続けないと、資金繰りが苦しくなる事情があると考えられます。

アンケートから献金サイトへの誘導
その選挙資金集めですが、大口寄付者への工作とは別に、個人献金を集めるための「マーケティング」にも力が入っています。

具体的には、トランプのメーリングリストに入っている人には、選挙戦の要所要所で寄付の要請メールが送られるのですが、そこでは他の政治家には見られないようなアプローチがされています。

例えば、大統領選への出馬宣言が取り沙汰されていた10月には「トランプは2024年に出馬すべきか」というアンケートが送られています。タイトルだけを見ると、支持者の意見を聞いて出馬を決めるような印象を与えるのですが、実際の中身は違います。

内容は「2020年にバイデンが選挙を盗んだと思うか?」とか「過激で腐敗した左派はアメリカを壊そうとしているか?」といった一方的な「イデオロギーの踏み絵」になっていて、10近い質問に答えるうちに、民主党への憎悪が増していく仕掛けになっています。そして最後にはバナーが張ってあって、献金サイトに誘導されます。

実際に11月15日に出馬宣言をした直後には「出馬にあたって支持者へのパーソナルなビデオメッセージ」があるというレターが送られました。そのビデオメッセージは、「献金をした人だけ閲覧可」と表示されていましたが、実際はリンクを押すと献金しないでも動画は閲覧できるという「不思議な仕様」になっていました。

不思議な献金メールということでは、従来からトランプ支持者には「あなたはゴールド会員になりました」というフィッシングのようなメールが来ていました。どういうことかと思って内容を見ると、そのメールを受信した人は「ゴールド会員特典」があるというのです。特典というのは何かというと、献金額が「倍になる」というのです。

どういうことかというと、このメールを受け取った「ゴールド会員」は、例えば100ドル払うと、倍の200ドルを払ったことになり、献金者表彰リストには200ドルの献金として表示される「名誉」が与えられるというのです。

驚いたのは、今回の大統領選出馬にあたっては、今度は「1300%キャンペーン」というメールが飛び交ったのです。これも同じことで、「出馬を記念して、今なら献金額に13倍のボーナスが付く」というのです。つまり、100ドル献金すると、それが1400ドルに化けて、1400ドル献金したとして表彰されるというのです。


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch