「絶対妊娠してやる」寄生する“パパ活女子”の実態がエグい、彼女たちの危険な裏側at LIVEPLUS
「絶対妊娠してやる」寄生する“パパ活女子”の実態がエグい、彼女たちの危険な裏側 - 暇つぶし2ch1:Ψ
21/06/11 10:43:18.87 B9xr6nDg.net
「紀州のドンファン」と呼ばれた和歌山県の資産家・野崎幸助さん(当時77)が急性覚せい剤中毒で亡くなった事件で、その元妻である須藤早貴容疑者(25)が逮捕されたことは記憶に新しい。逮捕直後、彼女が「月に100万円お小遣いをもらっていた」という話も出回り、須藤容疑者の狡猾さを指摘するような意見もSNS界隈では多く見られた。
 50歳も年の差のあったふたりはいわゆる「パパ活関係」にあり、金銭ありきで成り立っていた夫婦だったわけだ。今回はそんな「パパ活」の実態に迫りたい─。
 そもそも「パパ活」という言葉が世に広まったのは、2014年ごろから流行しはじめた「港区女子」の出現がきっかけだ。
 この港区女子とは、カネと権力を持った男性たちとの「ギャラ飲み」などに参加する若い女性を指す。当然ながら「ギャラ飲み」では“タクシー代”という名目で金銭的なやりとりがある。
 筆者の知るかぎり、富裕層と若い一般人女性をマッチングさせる飲み会は、2014年より前から行われ続けているものではあったが、SNSでこうした内情を発信する人々が出現したことで、世に広く認知されるようになった。飲み会の後、定期的に肉体関係を持ったり、交際に発展することが、のちのち「パパ活」と呼ばれるようになっていった。
お金のためなら「避妊なし」も厭わない
 今でこそ場所を問わず行われているパパ活だが、やはり創生のきっかけとなった港区では、他所とはレベルの違う交際関係が行われている。
 港区で行われているパパ活・ギャラ飲みはコロナ禍においてこそ特別で、そこに通うことができるのは大金や社会的地位を持つ男性と、選りすぐりの美しい女性に限られている。現在もそういった社交場に通う港区女子に話を聞くと。
「今はギャラ飲み仲介業者を利用すれば、誰でもギャラ飲みに参加できるようになりました。でも、港区で起業家や資産家などのお金持ちと出会えるクオリティの高いギャラ飲みは、簡単には参加できない。そういった会に参加している女性は若くて美人の一握りしかいなくて、モデルや芸能人の卵、元ミスキャンの子たちがほとんどですね」


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch