不信任案、結論持ち越し 野党党首会談 国会会期延長要求で合意 [きつねうどん★]at LIVEPLUS
不信任案、結論持ち越し 野党党首会談 国会会期延長要求で合意 [きつねうどん★] - 暇つぶし2ch1:きつねうどん ★
21/06/11 06:59:02.90 CAP_USER.net
 立憲民主、共産、国民民主、社民の野党4党は10日、党首会談を開き、16日に会期末を迎える今国会について、東京五輪・パラリンピックが閉幕するまで3カ月間、延長するよう求めることを決めた。菅義偉首相が英国での先進7カ国首脳会議(G7サミット)から帰国する14日を回答期限とし、拒否された場合は内閣不信任決議案の提出を視野に入れる。
 「われわれの要求を満たさないときには、『新たな対抗措置』を考えたいということでも一致した」。立民の枝野幸男代表は、この日の4党の党首会談後、記者団にこう強調した。
 前日9日の党首討論で、新型コロナウイルス対策や五輪・パラリンピックを巡る首相の答弁を強く批判し、「政権を代えるしかない」と声を張り上げた枝野氏。だが、内閣不信任案を即時提出しないのには事情がある。枝野氏自身が5月10日、感染拡大時を理由に「衆院解散できる状況ではない」として、いったん不信任案を出せないと発言していたためだ。
 世論に、政局を優先して政府のウイルス対応を妨げていると受け止められることを避ける意味合いがあったとみられるが、立民中堅は「あの発言で、世論が不信任案を納得できる理屈を編み出さねばならなくなった」。そこで、枝野氏は党首討論で「国会を閉じれば、2倍以上の政治空白をつくることになる」と主張し、会期延長しない事態を政権の「不作為」と位置付け、不信任案の大義名分に結び付けようとした。
 もう一つ、「国会最終盤を盛り上げて次期衆院選につなげる意味でも、来週まで結論を持ち越して緊張状態を継続させる戦略は有効だ」(立民ベテラン)との判断も。一方、立民の党内からは「迫力がない」との声も出ており、野党幹部は「せっかくの不信任案も、『出す』『出さない』とずっとやっていては刀の切れ味が鈍る」と話す。 (川口安子)
URLリンク(www.nishinippon.co.jp)


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch