日本は最強の虫の宝庫だった!外来種が根付きづらい昆虫修羅の国at LIVEPLUS
日本は最強の虫の宝庫だった!外来種が根付きづらい昆虫修羅の国 - 暇つぶし2ch1:きつねうどん ★
19/10/10 06:44:09.14 CAP_USER.net
ヒアリが日本で猛威を振るっているという報道があったことはもちろん、外来種が多い日本では度々「日本やばい」という話が聞こえてきます。
しかし、日本は外来種が根付きづらい昆虫王国。日本にいる昆虫は最強と謳われる種もいるなど、まさに昆虫にとっての修羅の国。そこで、ここでは最強と名高い日本の昆虫についてご紹介します!
ヒアリの侵入で流行ったハッシュタグ
日本で警戒されている外来種の中でも、特に話題になっているのがヒアリですよね。ヒアリは生命力と繁殖力が非常に強く、噛まれると激痛が走ることで知られています。海外でもヒアリの脅威は周知の事実となっており、ヒアリの被害に怯えている人も多いです。
2017年7月頃に流行
日本にもヒアリの猛威が広がり、2017年頃には一気にその脅威について知られるようになりました。テレビや新聞、ネットニュースなどによって知った人も多いですよね。そんな中、7月頃に急激に流行したSNSのハッシュタグがあります。
ヒアリなんかに負けない!#というかジャパニーズ昆虫どいつもこいつもやたらめったら強い
ヒアリ被害を懸念する日本に対して、ある意味皮肉を込められて付けられたこちらのハッシュタグ。
「ヒアリなんかに負けない!♯というかジャパニーズ昆虫どいつもこいつもやたらめったら強い」
この興味を引かれる一文は多くのSNSでシェアされ、瞬く間にトレンドのハッシュタグとなりました。事実、日本の昆虫の中にはヒアリとは比べ物にならないほど凶悪なモンスターがいるのです。
危険度MAXオオスズメバチ
URLリンク(image.fundo.jp)
日本人でも毎年のように死者が出ている極悪モンスターと言えば、オオスズメバチです。大人も子供も関係なく、数か所刺されるだけで死に至ることもある怖ろしい昆虫。昆虫界のギャング。
キラービー退治の逸話
日本のハチの中で毒性も攻撃性も最強と言われ、刺されると意識を飛ばされる人もいます。針から注入される毒はアミン類に属する猛毒であり、マンダラトキシンという神経毒でもあります。刺されるとアナフィラキシーショックを引き起こす可能性が高く、そのままショック状態で命を落とすということも珍しくありません。
また、顎の力が尋常ではなく、敵もバリバリと噛み砕いてしまいます。強靭な顎で噛みつかれれば、人間であっても我慢できるものではありません。
その強さを見込んで、アメリカで猛威を振るっているキラービー駆除のためにオオスズメバチを利用する話がありましたが、オオスズメバチの方が危険すぎるという判断がされ、その話はなくなってしまったのだそうです。
因みにキラービーは、非常に攻撃性の高いミツバチで、アメリカでは襲われた人間が死亡する例が何度も発生しており、その危険性が危惧されている危険生物なのです!そんなモンスターよりも危険と判断されたオオスズメバチは間違いなくハチ界では最強の昆虫でしょう!
オオスズメバチも捕食するオニヤンマ
URLリンク(image.fundo.jp)
日本の昆虫の中には、凶暴なオオスズメバチさえも捕食対象としている昆虫がいます。それが子供なら誰もが一度は捕まえてみたいと思うオニヤンマです。まさに昆虫界の鬼。
オオスズメバチを空中で捕食
オニヤンマはトンボの中では大きな体格をしているのですが、その瞬発力は昆虫界屈指。空中での高速移動はもちろん方向転換もお手の物。


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch