【心霊(怨霊)】祖母を狂わせた『でる家』ー 本当にあった超怖い話・川奈まり子の実話怪談!at LIVEPLUS
【心霊(怨霊)】祖母を狂わせた『でる家』ー 本当にあった超怖い話・川奈まり子の実話怪談! - 暇つぶし2ch1:鬼畜の和洸 ★
19/09/12 03:09:15.36 CAP_USER.net
【二十七】『でる家』(前編)
発端は、今から約20年前の2月下旬に遡る。
当時17歳の聡さんは、下校途中に川崎市のとある私立病院に通うことが日課となっていた。
 彼の父方の祖母がそこに入院しており、死期が近いことがわかっていたのである。
祖母は80歳を過ぎていて、昨年の暮れにひいた風邪から肺炎を併発し、衰弱が著しかった。
放課後、黄昏時に祖母の病室を訪れると、必ずと言っていいほど、母と5つ下の弟も見舞いに来ていた。
 聡さんと5つ下の弟は、祖母にたいへん可愛がられて育った。
祖母が暮らす父の実家と聡さんたち家族の家は徒歩で5分と離れていない、俗に言う「スープの冷めない距離」にあり、兄弟が乳幼児だった頃にはほぼ毎日、祖母に預けられたり、祖母が子育ての手伝いに来たりしていたのだ。
 また、祖母と母の間には世間にありがちな嫁姑の諍いもなく、家こそ別々だったが、祖父母も家族の一員だと聡さんたちは見做していた。
だから、日に日に弱っていく祖母を見るのは、聡さんと弟にとって、とても辛いことだった。
 元気だった頃の祖母は、むしろ普通よりも活発な性質で、兄弟の外遊びにもつきあってくれた。それがどうだろう。今や身体の厚みが蒲団に負けていて、すでに息があるのが不思議なような血の気のない顔をして横たわっているのだ。
祖母が弱ったきっかけは、半年前に転倒して脚の骨を折ったことだったが、健やかそうに見えても元より持病もあり、いったん衰えだすと止まらなかった。
 祖母の主治医が「そろそろ最悪の事態を考えてください」と言いだしてから何日か経っていた。
だからその日も、聡さんは、学校が終わると、白い息を吐きながら病院へ急いだ。
「おばあちゃんが死んじゃっていませんように」とそれだけを念じながら祈る気持ちで病室に駆けつけたのだが……。
 祖母がいる部屋の前で、彼は驚いて立ち止まった。
祖母が母と面白そうにお喋りしている声が、廊下までもれていたのだ。
 ずいぶん賑やかに、笑い混じりで盛んに話しているではないか。
病室に入ると、ますますびっくりした。寝たきりになって久しかった祖母が、なんと上体を完全に起こして、ベッドに座っていたのである。
 急に回復したのだろうか? と、一瞬期待したが、病室に入ってきた彼を振り向いた母は、困惑しているような、怯えているような、何とも言えない微妙な表情を顔に浮かべていた。
その理由は、すぐに明らかになった。
「トキちゃんと今度一緒にご飯食べに行くの! ついでに那覇で買い物してくるつもりなんだよ。いいでしょう?」
祖母が、はしゃいだようすで話している内容が、変なのだ。
「トキちゃん、旦那さんと仲良くやってるかしら? いつかみんなで一緒に東京に行くことがあったら、私が東京中、観光案内するんだけどなぁ」
那覇は沖縄の県庁所在地で県内随一の繁華街がある場所だ。
 祖母は東京生まれの東京育ちだ。しかし若い頃、沖縄県に住んでいたということは、聡さんも知っていた。
祖母が沖縄に滞在していた時期に、地元の青年だった祖父と出逢って結婚したということも、家族の歴史として聞き知っていることだった。
さらに夫婦共通の友人に「トキちゃん」という女性がいたことも……。
 なんとなれば、聡さんの母は、このトキちゃんの娘なのである。
昭和時代に沖縄に誕生した二組の男女。彼らの友情が、お互いの子ども同士を引き合わせた結果、聡さんと弟が生まれたわけだ。
 しかし祖母のかつての親友「トキちゃん」こと母方の祖母は、母方の祖父ともども、故人となって久しかった。
祖母の連れ合いも、何年も前に亡くなっている。ただひとり、祖母だけが生き残っていたのだ。
祖父が東京で仕事を得て家を建て、家族で暮らすようになったのは昭和30年代か40年代か……。とにかく大昔のこと。
それからこれまでの数十年間を祖母は忘れてしまったようだった。
ボケちゃったんだ、と、聡さんは思った。

〔記事元:TOCANA〕
URLリンク(tocana.jp)
>>2に続く


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch