【脳を知る】頭痛薬の飲み過ぎは危険「薬物乱用頭痛」at EDITORIALPLUS
【脳を知る】頭痛薬の飲み過ぎは危険「薬物乱用頭痛」 - 暇つぶし2ch1:ひひひめ ★
20/03/26 10:50:38.72 CAP_USER9.net
脳神経外科の外来には、
「毎日、痛み止めを飲んでも頭痛が全然治りません。脳に病気があるのでしょうか」と不安そうに受診される方も少なくありません。
患者さんの中には、市販の鎮痛薬のみならず
いくつかのクリニックを渡り歩き、たくさんの種類の鎮痛薬を処方され、それらを内服しても頭痛が軽快しない、という方もいます。
このような患者さんの頭痛は「薬物乱用頭痛」である可能性があります。
薬物乱用頭痛は、頭痛に対して鎮痛薬を長期に、かつ過剰に内服することで頭痛が慢性化してしまう場合を言います。
鎮痛薬の飲み過ぎが頭痛をかえって悪くするのです。
頭痛持ちの人にとっては、頭痛が生じると勉強や仕事、家事が継続できなくなり、これほどの苦しみはありません。
さらには頭痛がなくても、「いつ頭痛が起きるかわからない」という不安から、頭痛がなくても予防的に鎮痛薬を飲んでしまう傾向にあります。
「重要な会議があるから、薬を飲んでおく」とか、「友だちと遊びに行くので、薬を飲んでおく」というように鎮痛薬への依存が強くなります。
こうなると鎮痛薬の量が増え、効き目の持続時間も短くなり、やがては鎮痛薬そのもので頭痛が誘発されます。
薬物乱用頭痛は、1カ月に10日以上鎮痛薬を飲んでいる状態が3カ月以上続く場合はその可能性が高いです。
鎮痛薬の飲み過ぎで頭痛が悪化する理由はよくわかっていませんが、
鎮痛薬の過剰な内服が脳の感覚中枢に影響し、痛みに対してさらに敏感になってしまうと考えられています。
治療は鎮痛薬内服の中止ですが、それにより頭痛の悪化が起こることもあります。
その場合は徐々に鎮痛薬を減量していきます。
1カ月程度は鎮痛薬の減量により頭痛が生じ鎮痛薬を内服したくなりますが、最終的に大多数の患者さんは頭痛が軽快します。
それ以降は、鎮痛薬を適切に使用して元々の頭痛をコントロールしていきます。
多忙、ストレス、睡眠不足、運動不足などが原因である緊張型頭痛の患者さんは、
十分な睡眠、適度な運動、不安やストレスの除去、気分転換の時間を持つなど生活背景の見直しも大切です。
頭痛の患者さんに鎮痛薬は有効であることが多いですが、漫然と内服を続けるのは危険です。
頭痛持ちの人が医師にかかることなく、「頭痛が起きたら鎮痛薬」というように自己判断で鎮痛薬を使用し続けるうちに、
さらに頭痛を慢性化させる恐れがあります。
頭痛は辛く苦しいものですが、
薬物乱用頭痛にならないように鎮痛剤を飲む回数を多くても1カ月に10回程度までに適切にコントロールすることが重要です。
「頭痛日記」をつけたりして内服状況を確認し、規則正しい生活を行うのも良いでしょう。
(和歌山・公立那賀病院副院長 脳神経外科 藤田浩二)
以下ソース:産経新聞 2020.3.26 08:00
URLリンク(www.sankei.com)


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch