1984年5月16日、薬師丸ひろ子「メイン・テーマ」がリリース~歌も映画も転機となった1作at EDITORIALPLUS
1984年5月16日、薬師丸ひろ子「メイン・テーマ」がリリース~歌も映画も転機となった1作 - 暇つぶし2ch1:朝一から閉店までφ ★ [US]
19/05/16 12:46:33.60 CAP_USER9.net
2019/05/16 06:30
【大人のMusic Calendar】
1984年5月16日、薬師丸ひろ子のシングル3作目となる「メイン・テーマ」がリリースされた。オリコン・シングル・チャートでは惜しくも最高2位、デビュー作「セーラー服と機関銃」2作目「探偵物語」に続く首位獲得はならなかったが、年間チャートでは13位に食い込んだ。作曲者の南佳孝も自身のヴォーカルで「スタンダード・ナンバー」として歌っており、この2曲の関係性はなかなかに面白い。
「メイン・テーマ」は、薬師丸ひろ子主演の同名映画の主題歌で、映画はもちろん角川映画の製作、監督は森田芳光、原作は片岡義男という布陣で、片岡と南佳孝のコンビは、当然82年の角川映画「スローなブギにしてくれ」の主題歌を南が手がけたことからの流れである。映画のタイトルに主題歌のタイトルを合わせる方法は、薬師丸主演作の前2作も同じ。

この曲は、南佳孝自身も「スタンダード・ナンバー」というタイトルで歌っており、全日空’84「青春ブランド沖縄」のキャンペーン・ソングに起用されている。リリースは84年の4月21日で、薬師丸の「メイン・テーマ」より1ヶ月早い。だが、「メイン・テーマ」は「スタンダード・ナンバー」のカヴァーというわけでもなく、競作ともちょっと違う。というのは、両者の歌詞が異なっていて、その内容があわせ鏡のような形になっているのだ。

どちらの曲も、作詞は松本隆が手がけているが、「メイン・テーマ」のほうは女性の目線で綴られた心情が歌われており、「スタンダード・ナンバー」のほうは男性目線の歌詞になっている。シチュエーションはどちらも同じ。両方合わせて聴くと、1組のカップルのラブストーリーだとわかる仕掛けなのだ。
薬師丸版を聴くと、女性はやや背伸びした女の子で、歌詞にある通り、20歳ぐらいの女子大生の設定に思えるし、薬師丸の実年齢に合わせたものでもある。逆に「スタンダード・ナンバー」を聴くと男性のイメージは女性より年上の、遊び人のナイスミドルのような雰囲気があり、映画で薬師丸と共演した野村宏伸のイメージとはかなり異なっている。というよりこれは南佳孝の楽曲によく出てくるキャラクターに近く、2曲合わせて聴くと、薬師丸と南のデュエット・ソングのように思えてくるのだ。
実は松本隆の作品には、こういうことが時折あって、例えば松田聖子の「白いパラソル」(作曲:財津和夫)と大滝詠一の「君は天然色」(作曲:大瀧詠一)はどちらも同じ登場人物のように思える。両者をつなぐキーワードは「ディンギー」だ。ほかにも松田聖子「秘密の花園」(作曲:呉田軽穂)と近藤真彦「永遠に秘密さ」(作曲:山下達郎)がやはり同じシチュエーションを男女双方から歌っているように聴こえる。リリースはどちらもほぼ同時期。ともに作曲者が違うので、特に後者は気づきにくいが、2曲で1曲のあわせ鏡のような面白さが、この時期の松本隆作品にはあるのだ。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
URLリンク(www.1242.com)


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch