【サッカーW杯】なぜドーハの歓喜が生まれたか…背景にあった浅野の「無視した」覚悟と堂安「ふざけるな!」の怒り [ネギうどん★]at MNEWSPLUS
【サッカーW杯】なぜドーハの歓喜が生まれたか…背景にあった浅野の「無視した」覚悟と堂安「ふざけるな!」の怒り [ネギうどん★] - 暇つぶし2ch1:ネギうどん ★
22/11/24 11:29:56.26 Nfb4MH+x9.net
FIFAワールドカップ・カタール大会、グループEの初戦が23日にハリーファ国際スタジアムで行われ、日本代表が優勝4回を誇るドイツ代表を2-1で撃破する世紀の大番狂わせを演じた。前半を0-1で折り返した日本は後半から3バックに変更。30分にMF堂安律(24、フライブルク)、38分にはFW浅野拓磨(28、ボーフム)と森保一監督(54)が投入したアタッカーが連続ゴールを決めて逆転した。決勝トーナメント進出へ最高のスタートを切った日本は、27日にコスタリカ代表との第2戦に臨む。
「今日という日を僕が迎えると、ここにいるメディアのみなさんのなかでも何人が思っていたのか」
 逆転ゴールを決めたヒーロー、浅野が一瞬だけ感極まりかけた。強豪ドイツを撃破した大番狂わせの余韻が残る試合後の取材エリア。落選したロシア大会後の4年間を問われた直後だった。
「今日という日を僕が迎えると、ここにいるメディアのみなさんのなかでも何人が思っていたのか、というのが正直な気持ちです。それでも僕を信じてくれてきた人のために僕は準備してきましたし、何よりも自分のために準備してきた。いま振り返っても『あの日にあれをしておけばよかった』というのはひとつもない。ただ、右膝を怪我してからはいろいろな声を耳にしたし、目にもしたけど、それらを無視してきて本当によかったと思っています」
 世界を驚かせたゴールは、1-1で迎えた後半38分に生まれた。
 自陣でMF遠藤航(29、シュツットガルト)が倒されて獲得した直接FK。ボールを拾ったDF板倉滉(25、ボルシアMG)が間髪入れずに縦へロングボールを蹴り込んだ。ターゲットになった浅野は、ドイツ戦前に公言していた2つのプレーを立て続けに実践した。
 ひとつは「アバウトなボールでも必ず前線で反応する」だった。果たして、オフサイドぎりぎりで抜け出した浅野はボールの落ち際を鮮やかにトラップ。追走してきたDFニコ・シュロッターベック(22、ボルシア・ドルトムント)の前方に走り込んで加速していった。
 浅野はドイツの絶対的な守護神、マヌエル・ノイアー(36、バイエルン・ミュンヘン)と1対1の場面になったら、どのような駆け引きを演じるのかという質問にこう答えていた。
「いま言えるのは、チャンスがあればどんな状態でも思い切ってシュートを打つということ。コースとか技術とかはいっさい関係なしに、気持ちで押し込もうと思っています」
 ペナルティーエリア内の右側へ侵入した浅野は、言葉通りに角度がない位置から迷わずに右足を振り抜く。ノイアーと右ポストの間の狭い空間を、強烈な一撃が完璧に打ち抜いた。
「最初はオフサイドかなという戸惑いもあったので、正直、決まった瞬間は喜べなかった。ただ、ゴールとわかってからは『やったぞ』という思いが最初に込み上げてきました」
 歴史を変えた一撃をこう振り返った浅野は、板倉がボールを蹴ろうとした瞬間に「パスが来る」とひらめいた。ともに9月に浅野は右膝の、板倉は左膝の内側側副じん帯を損傷。長期離脱を余儀なくされた日々で、所属チームでのリハビリを終えるとデュッセルドルフにある日本サッカー協会のヨーロッパオフィスへ日参。常駐しているトレーナーのリハビリも受けてきた。
「怪我をしてから滉とは意思疎通ができているんですよ。内側仲間というんですかね。毎日のように顔を合わせて、そのたびに『やれる』と励まし合ってきたので」
 W杯歴代2位タイの4度の優勝を誇る大国ドイツに、前半は圧倒され続けた。ドイツのボールポゼッションが8割近くに達する展開のなかで、攻撃を差配するトップ下の鎌田大地(26、アイントラハト・フランクフルト)の脳裏にはネガティブな思いが駆けめぐっていた。
「前半のまま試合が終わってしまえば、間違いなく僕のなかでワーストの試合になった。僕たちはドイツをリスペクトしすぎていたし、ボールを奪ってからもプレーを怖がっていたというか、臆病だった。本当に一生後悔するような試合内容だったと思っています」
続きはソースで
URLリンク(news.yahoo.co.jp)


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch