【日中両国の架け橋】羽生結弦、深夜のリンクで再出発 9月の日中国交正常化50周年記念イベントに出演か [ギズモ★]at MNEWSPLUS
【日中両国の架け橋】羽生結弦、深夜のリンクで再出発 9月の日中国交正常化50周年記念イベントに出演か [ギズモ★] - 暇つぶし2ch1:ギズモ ★
22/08/05 19:22:44 CAP_USER9.net
URLリンク(pctr.c.yimg.jp)
深夜、スケートリンクで華麗な舞を見せていたという羽生(時事通信フォト)

羽生結弦、深夜のリンクで再出発 9月の日中国交正常化50周年記念イベントに出演か
URLリンク(headlines.yahoo.co.jp)

 スケートリンクの中央に立ち、流れるようなステップを踏むひとりの青年。7月下旬の深夜、誰もいない仙台市内のスケートリンクで、それまでと変わらず華麗な舞を見せていたのは羽生結弦(27才)だった。

 7月19日の「決意表明会見」後も、羽生とスケートの関係性はなんら変わらない。スケート=生きている─そう話した彼は、極秘のうちに再出発を果たしていた。孤高の練習は午前3時までおよんだ。

 フィギュアスケートの第一線を退いた羽生の次の“ステップ”はどんなものになるのか。アイスショーへの出演や、フィギュアスケートのコーチ業、中には俳優への転身といった報道もあったが、『女性セブン』は羽生が「世界的スケールのイベント」に出演予定であるという情報をキャッチした。

「日本と中国の両国に深くかかわるイベントです。今年9月に、日本と中国が国交正常化50周年を迎えるにあたって開催されるもので、日中両国から著名人が参加する予定となっています」(外交関係者)

 羽生にとって、中国は思い出深い場所だ。2005年に香港で開催されたアジアノービス選手権で、10才の羽生はダブルのコンビネーションジャンプを披露し、会場を沸かせた。中国で開催されたGPシリーズや世界フィギュアに出場し、今年2月、五輪3連覇を目指して臨んだ北京五輪が最後の競技会出場だった。

 一方、2014年のGPシリーズ中国大会で起きた、6分間練習での“衝突事故”を鮮明に記憶している人も多いだろう。羽生は中国ではファンから「国籍を超えた存在」と言われるほど絶大な人気を誇っている。中国事情に詳しいシグマ・キャピタル代表取締役の田代秀敏氏が話す。

「羽生さんの中国国内での人気の理由は、中国人が理想とする“美男子像”を完璧に具現化しているからです。色白で細面で、スラリとした手足に憂いを帯びた神秘的な目。中国では『氷上王子』と呼ばれています。中国で羽生さん主催のアイスショーを開催するとなれば、多くの人がチケットをわれ先にと買い求めるし、数億単位の人がテレビで視聴することになるでしょう」

 羽生は会見で「いままでスケートを生で見たことがないかたも含めて『見てよかったな』『絶対見る価値があるな』と思ってもらえるように頑張っていきたい」と語っていた。中国でのアイスショーの成功は、世界にその夢を広げていくための重要な“ファーストステップ”になる。それだけに、前述したイベントが気になるところだ。

「極秘で進められているため、開催日の近くにならないと情報は解禁されません。しかし羽生さんならきっとファンの期待をはるかに超える、あっと驚かせるような何かを用意しているのでしょう」(前出・外交関係者)

 新たな歩みを進める羽生に会える日を、ファンは心待ちにしている。

※女性セブン2022年8月18・25日号


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch