【音楽】「ロンドンの名曲25選」 を英紙Hampstead Highgate Expressが発表 [湛然★]at MNEWSPLUS
【音楽】「ロンドンの名曲25選」 を英紙Hampstead Highgate Expressが発表 [湛然★] - 暇つぶし2ch1:湛然 ★
21/11/25 23:09:33.80 CAP_USER9.net
From Adele's Hometown Glory to The Clash's London Calling: Here are the 25 greatest London songs ever released
Updated: 5:24 PM November 22, 2021 (Hampstead Highgate Express)
URLリンク(www.hamhigh.co.uk)

これは、史上最も偉大なロンドンの歌25曲のリストであり、そのため、あなたがこれに同意する可能性は絶対的に低いです。それはそれとして。
2021年11月の寒い日曜日の朝6時過ぎには決まっていたのですが、その後また変更しました。
ロンドンについて明確に言及している曲に(ほとんど)こだわったので、Radioheadの『Fake Plastic Trees』やUnderworldの『Born Slippy (NUXX)』のような、カナリーワーフやソーホーからインスピレーションを得た名曲が入る余地はありません。
また、これまでに録音されたすべての曲を聴いたり、聴き直したりしたわけではないので、掲載から15分後に気付いた抜けがあるかもしれません。それをどうにかしなければならない。

1. London Calling (The Clash, 1979)  URLリンク(www.youtube.com)
2. Waterloo Sunset (The Kinks, 1967)  URLリンク(www.youtube.com)
3. Feed the Birds (Julie Andrews, Disney Studio Chorus, 1964)  URLリンク(www.youtube.com)
4. Hometown Glory (Adele, 2007)
5. Baker Street (Gerry Rafferty, 1978)
6. West End Girls (Pet Shop Boys, 1984)
7. Werewolves of London (Warren Zevon, 1978)
8. For Tomorrow (Blur, 1993)
9. I Don't Want To Go To Chelsea (Elvis Costello and the Attractions, 1978)
10. Barking (Ramz, 2017)
11. Down in the Tube Station at Midnight (The Jam, 1978)
12. A Rainy Night in Soho (The Pogues, 1986)
13. The Only Living Boy in New Cross (Carter The Unstoppable Sex Machine, 1992)
14. Buck-In-Hamm Palace (Peter Tosh, 1979)
15. London Boy (Taylor Swift, 2019)
16. We Love the City (Hefner, 2000)
17. Itchycoo Park (Small Faces, 1967)
18. Up the Bracket (The Libertines, 2002)
19. Take Me Back to London (Ed Sheeran feat Stormzy, 2019)
20. Bow E3 (Wiley, 2007)
21. History (The Verve, 1995)
22. LDN (Lily Allen, 2006)
23. Mile End (Pulp, 1995)
24. Mornington Crescent (Belle and Sebastian, 2006)
25. Electric Avenue (Eddy Grant, 1982)

1. London Calling (The Clash, 1979)
ザ・ガンズ・オブ・ブリクストン」や「(ホワイト・マン)イン・ハマースミス・パレ」など、ザ・クラッシュはこの公式チャートでもトップを目指していただろう。しかし、『London Calling』は、悲劇、紛争、差し迫った運命に彩られた、この都市の原動力となるアンセムなのだ。すべては今なのだ。
「氷河期が来て、太陽がズームインして、エンジンが止まって、小麦が細くなっていく。核の時代だが、ロンドンが溺れているからといって、私は恐れていない-私は川のそばに住んでいるのだから」。
2. Waterloo Sunset (The Kinks, 1967)
"でも、僕には友達なんていらない。ワーテルローの夕日を眺めている限り、僕は楽園にいるんだ」。
ノース・ロンドンのザ・キンクスは、栄光のマスウェル・ヒルビリーを筆頭に、このリストにいくつかのエントリーがあったかもしれないが、この傑作は都会生活の孤独感を捉えている
3. Feed the Birds (Julie Andrews, Disney Studio Chorus, 1964)
"彼女の言葉はシンプルで少ないけれど、聞いて、聞いて、彼女はあなたに呼びかけている。"
涙が出てきます。少しでも涙を流さずに聞くことができるか挑戦してみたい。メリー・ポピンズ、あなたに祝福を。
※その他の詳細は引用元サイトをご覧ください。 ※DeepL翻訳
The Hampstead & Highgate Expressは、150年以上にわたってコミュニティの中心に位置する質の高い週刊紙です。新聞、ウェブサイト、電子版、ソーシャルメディアのチャンネルを通じて、ロンドン北部のローカルニュース、スポーツ、エンターテイメントを他の追随を許さずに伝えています。
URLリンク(www.hamhigh.co.uk)


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch