【書籍】 「日帝の鉄道建設、日本の土木業者だけが利益」~鳥海豊著『日本学者がみた植民地近代化論』[09/09]at NEWS4PLUS
【書籍】 「日帝の鉄道建設、日本の土木業者だけが利益」~鳥海豊著『日本学者がみた植民地近代化論』[09/09] - 暇つぶし2ch1:蚯蚓φ ★
19/09/11 22:00:01.34 CAP_USER.net
URLリンク(newsimg.hankookilbo.com)
▲「日本学者がみた植民地近代化論」を出版した鳥海豊、韓国歴史研究院常任研究員が6日、ソウル中区(チュング)韓国日報社から植民地近代化論の問題点を指摘している。
「『反日種族主義』の著者の方々にかえって申し訳ないという気がしました。『それは違うようだ』とはやく言うべきだったのにそう出来なかったことに後悔しました。」
最近『日本学者がみた植民地近代化論』を出した鳥海豊(57)韓国歴史研究院常任研究員は6日、韓国日報とのインタビューで『反日種族主義』を読んでみたか、という質問に返事の代わりに先に謝罪した。
イ・ヨンフン元ソウル大経済学科教授が代表著者の『反日種族主義』という日帝強制占領期間に収奪と搾取はなかったし、むしろ発展と近代化の土台を作ったという植民地近代化論に基づいている。
鳥海豊研究員は植民地近代化論の限界を一つ一つ暴いてきた研究者だ。日本早稲田大で経済学を専攻し同じ大学のアジア、太平洋研究科で修士過程を経た後2013年ソウル大国史学科で「日帝下日本人請負業者の活動と利潤創出」という論文で博士学位を受けた。
この本はこの論文を補完し修正して6年ぶりに出版したもの。1928年、日帝強制占領期間、朝鮮総督府が作った郵便貯金額統計によれば、当時、日本人47万人余りの郵便貯金額は2,648万円に達する一方、朝鮮人1,866万人余りの郵便貯金額は430万円に過ぎなかった。日本人1人当り、朝鮮人より245倍多くの資産を所有していた計算だ。
「日本人たちは朝鮮にくれば金持ちになりました。反面、朝鮮人は金持ちであった人々さえ貧しくなりました。日本はお金を一度に注いで投資したのに、なぜ朝鮮は相変わらず貧しかったのか、という疑問から研究が始まりました。」
経済構造上、朝鮮は貧しくならざるをえなかった。日本が意図的に朝鮮の工業発展を遮ったためだ。日本は明治維新の時、政府主導の工業を育成して民間に渡す方式で国家産業基盤を磨き上げていった。しかし、朝鮮では同じ発展経路を踏まなかった。朝鮮の人件費がより安い状況で朝鮮の工業を起こせば日本工業に打撃を与えることを憂慮したからだ。
結局3・1運動直後、日帝が朝鮮の経済を発展するとして出した政策は「鉄道付設と産米増殖計画」だった。道路や鉄道建設、港湾整備、水利組合事業などインフラ整備にだけ投資を集中し、米の生産を通じた「単一作物農業」経済を強制した。その結果、米の値段が落ちて朝鮮経済は崩れ落ちざるを得なかった。
鳥海研究員は「日本は朝鮮経済が発展すべき時期に発展できないよう防いだ」と診断した。植民地近代化論者らはそれでも日本が財政的投資をしたではないかと主張する。しかし、ここにも不都合な真実がある。日本が投じたお金は大部分、日本人土木請負業者らが得た。朝鮮人請負業者は構造的に排除された。日本人土木請負業者らは朝鮮人の賃金をピンはねしたりごくわずか与えただけだった。
「朝鮮総督府統計年譜」等の公式資料では当時、朝鮮人土木業者の一日の賃金を80銭~1円ほどと計算した。しかし、鳥海研究員は各種資料を土台に実際には30~40銭水準だったという事実を明らかにする。表面的には工事金額の平均57%を労務費に設定しながら、実際には17%程度だけ与えて残りを「不当利益」として得ていた見せ掛けの形を展開したのだ。
彼は「韓国学界では植民地近代化論をほとんど相手にせず、それによって植民地近代化論が成長して強くなった側面がある。今回の本を契機に活発に討論や研究がなされることを期待する」と話した。
カン・ユンジュ記者
ソース:韓国日報(韓国語)“日帝の鉄道建設、日土木業者らだけ利益”
URLリンク(www.hankookilbo.com)


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch