【疾患】医学的にほとんど認知されていない、「眼球使用困難症候群」とは? 完全な暗闇の中での生活を強いられる苦しみ  [すらいむ★]at SCIENCEPLUS
【疾患】医学的にほとんど認知されていない、「眼球使用困難症候群」とは? 完全な暗闇の中での生活を強いられる苦しみ  [すらいむ★] - 暇つぶし2ch1:すらいむ ★
21/02/23 17:01:56.84 CAP_USER.net
眼球使用困難症候群とは? 「暗闇で暮らすしかない」苦しみ
 光のまぶしさや頭痛などで目が開けられず、暗闇の中での生活を強いられている人たちがいる。
 「眼球使用困難症候群」と呼ばれる病気だが、医学的にほとんど認知されていない。
 脳の機能障害が原因とみられているが、眼球や視力には問題がないため「視覚障害」にはあたらず、法的保障を受けられないのが現状だ。
 当事者を訪ねると、そこには想像を絶する困難があった。【野村房代/統合デジタル取材センター】
 ◇暗闇の中で寝たきり 電磁波におびえ
 群馬県内に住む木村明美さん(51)=仮名=は約2年前から、社会と隔絶した生活を強いられている。
 「こんな病気があるんだということを多くの人に知ってもらいたい」。そう話す夫の康夫さん(50)=同=の案内で、アパートを訪ねた。
 玄関を開けると、薄暗い廊下の先に、異様な光景が目に入った。
 リビングにつながる扉には、無数の段ボールがガムテープで張られている。
 はめ込みのすりガラスを通してリビングに光が漏れないよう、隙間(すきま)を塞いでいるのだという。
 扉の向こうは完全な暗闇だった。
 目をこらしても一歩先すら見えず、方向感覚もつかめない。
 康夫さんに手を引かれ、リビング横の部屋に入った。そのまま床に座ると、数十センチほど離れたところからだろうか、消え入りそうなささやき声がした。
 明美さんには聴覚過敏もあるため、大きな声が出せない。明美さんはこう気遣ってくれた。
 「初めまして、遠い所まですみません……。寒くないですか?」。
 1月末だというのに、暖房器具は一切使わず、衣類や布団を重ねて寒さをしのいでいるという。
 「去年の秋から、電化製品もだめになってしまって……電磁波のせいなのか、体がビリビリとしびれてしんどくなるんです」。
 入浴やトイレで部屋を出る時は、頭から布団をかぶって移動し、暗闇の中で手探りで済ませている。
(以下略、続きはソースでご確認下さい)
毎日新聞 2/23(火) 7:30
URLリンク(news.yahoo.co.jp)


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch