【京都】 気分は学生運動の闘士や苦学生、風変わりなカラオケ店…昭和の青春に浸れます [朝一から閉店までφ★]at FEMNEWSPLUS
【京都】 気分は学生運動の闘士や苦学生、風変わりなカラオケ店…昭和の青春に浸れます [朝一から閉店までφ★] - 暇つぶし2ch1:朝一から閉店までφ ★
21/11/25 19:48:59.89 CAP_USER.net
2021/11/25 18:07
 京都大吉田キャンパス(左京区)近くに、昭和の学生生活をイメージした部屋を備えた風変わりなカラオケ店が現れた。学生運動の闘士や苦学生の気分を味わってもらう趣向だ。(三味寛弥)
 全国チェーン「ジャンボカラオケ広場」を運営するTOAI(中京区)が先月、出店した。全30室の半分ほどは、様々なコンセプトに応じた部屋にしている。
 「熱烈!集会ルーム」には立て看板が置かれ、壁には「不当なマイク占有を許すな」と落書きがある。京大のシンボル・時計台が占拠された1960年代の学生運動をほうふつとさせる。
 備え付けのヘルメットをかぶり、拡声機ではやりのJポップを歌っていた京大法学部4年生(23)は「レトロな世界観が新鮮で思わず熱がこもった。コロナでやり場のない感情を発散できて爽快」と興奮していた。
 一方、「京大生のたまり場」は4畳半の畳部屋。ちゃぶ台と座布団、片隅にはギターも。狭いアパートに 同棲(どうせい)する恋人たちを歌った70年代の「4畳半フォーク」の世界にいるようだ。
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
URLリンク(www.yomiuri.co.jp)


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch