【カメラ】フィルムライカ並みに軽くなった「ライカM11」 [田杉山脈★]at BIZPLUS
【カメラ】フィルムライカ並みに軽くなった「ライカM11」 [田杉山脈★] - 暇つぶし2ch1:田杉山脈 ★
22/01/15 00:21:53.73 CAP_USER.net
ライカカメラ社は、デジタルレンジファインダーカメラ「ライカM11」を1月21日に発売する。カラーはブラックとシルバー。価格はいずれも税込118万8,000円。
2017年1月登場の「ライカM10」以来、派生モデルを除き5年ぶりのフルモデルチェンジ。伝統的なM型ライカのスタイリングを継承しつつ、6,000万画素センサーによる撮影性能の向上や、フィルムのM型ライカ並みに軽くなった重量(ブラックカラーのみ。詳細は後述)、USB充電への対応といった変更がポイントとなっており、同社では“ライカMシステム史上最も柔軟性に富む”モデルとしている。動画機能は引き続き非搭載。
60MPセンサーを新搭載。RAW記録サイズは36MP/18MPも選べる
これまでのライカMデジタルで最高解像度となる6,000万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用。RAWデータの記録サイズを約6,000万画素/約3,600万画素/約1,800万画素の3通りから選べる「トリプルレゾリューションテクノロジー」を取り入れたことで、カメラと最新レンズの解像性能をフルに引き出したい場合は60MP、必要に応じてファイルサイズを抑えたい時は36MPもしくは18MPのRAWで記録するといった使い方が可能だという。
バッファメモリーは3GB。60MP設定時の連続撮影可能枚数はRAWで15コマ、JPEGで100コマ以上。連続撮影速度は最高4.5コマ/秒。
ISO感度の設定範囲はISO 64-50000。ISO 64がベース感度だとしている。画像処理エンジンは「LEICA MAESTRO III」。ダイナミックレンジは最大15ストップ。電子シャッターでの撮影も可能となり、最高1/16,000秒まで設定できるようになった。メカシャッターは1/4,000秒~60分。フラッシュ同調速度は1/180秒。長時間露光時のノイズリダクション機能をオンオフできるようになっている。
CMOSセンサーの前面には、極薄のガラスを2層に重ねたという特殊なUV/IRカットフィルターを配置。フィルムカメラ時代のレンジファインダーカメラ用広角レンズや大口径レンズを開放絞り付近で使う場合などに、入射光が急角度であっても周辺部の描写に影響を受けにくくするための配慮で、ライカMデジタルの一貫した特徴としてライカM11にも受け継がれている。
カラーフィルターはいわゆるベイヤー配列ながら改良を加え、より自然な色再現性を実現したとしている。また、シャッター幕の反射を利用した測光センサーを廃止し、ファインダー撮影時もCMOSセンサーで測光する方法となった。方式はマルチ測光/中央重点測光/スポット測光を選択可能。
アルミ採用で約530gになったブラック。伝統的な真鍮シルバークロームも
ライカM11のカラーバリエーションはブラックとシルバーの2色。そのうちブラックのみトップカバーの素材をアルミとしたことで、真鍮トップカバーを継承するシルバーに比べて約20%軽くなっている。重量のカタログ値は、ブラックが約530g、シルバーが約640g(バッテリー込み)。参考までにフィルムカメラの「ライカM-A」(真鍮トップカバー。露出計なし)が同約578g。
ブラックは、アルミに耐傷性に優れるというペイントを施したマット仕上げ。シルバーは、従来通り真鍮にクロームメッキを施している。外形寸法は約139×80×38.5mmで、ライカM10と同じ。
URLリンク(asset.watch.impress.co.jp)
URLリンク(dc.watch.impress.co.jp)


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch