北電の伊達火発、23年度中に休止 運転開始から40年超、設備老朽化で  (北海道新聞) [少考さん★]at NEWSPLUS
北電の伊達火発、23年度中に休止 運転開始から40年超、設備老朽化で  (北海道新聞) [少考さん★] - 暇つぶし2ch1:少考さん ★
23/01/25 08:55:14.03 K/lYadzP9.net
北電の伊達火発、23年度中に休止 運転開始から40年超、設備老朽化で
URLリンク(www.hokkaido-np.co.jp)

🔒会員限定記事

2023年1月25日 01:00(1月25日 07:58更新)

 【伊達】北海道電力が2023年度末までに、伊達火力発電所1、2号機(伊達市、総出力70万キロワット)を休止する方針を固めたことが24日、分かった。運転開始から40年以上が経過し設備が老朽化したためで、月内にも正式決定する見通し。火発の中では苫東厚真火発(胆振管内厚真町、総出力165万キロワット)に次ぐ出力の中規模発電所で、道内の電力需要の約14%を担っているが、電力の安定供給に支障はないとみられる。...

この記事は会員限定です。
登録すると続きをお読みいただけます。

残り:579文字 全文:784文字


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch