【産経】戦時中に予備校でロシア語を学び、シベリア抑留時は収容所で働いた99歳男性、17年かけ大学卒業 [みの★]at NEWSPLUS
【産経】戦時中に予備校でロシア語を学び、シベリア抑留時は収容所で働いた99歳男性、17年かけ大学卒業 [みの★] - 暇つぶし2ch1:みの ★
22/05/14 19:55:09.41 vit4wpFD9.net
【100歳時代】
寿命の延伸と生涯学習の浸透で大学に入るシニアが増えるなか、この春、99歳で放送大学を卒業した人がいる。徳島県美馬市の養鶏業、清水げん市(「げん」は「にんべん」に「玄」)さんだ。17年かけて必要な単位を取得、「戦争で1度諦めた」という大学卒業の夢を実現させた。現在、5千羽のニワトリを飼育するなど元気に仕事を続けるなかでの学習との両立や、何が学問へ駆り立てたのかなどについて聞いた。(山本雅人)
■養鶏業と両立
「子供の頃から勉強が好きだった」と話す清水さん。7人きょうだいの四男として生まれ、尋常高等小学校を卒業後、16歳で徳島から上京して、軍に毛布を納める会社に就職した。
向学心は衰えず、昼間は仕事、夜は予備校に通いながら、大学入学資格が得られる当時の検定試験突破と大学受験を目指した。予備校ではロシア語の学習も勧められ、独学で3年かけて習得。「戦時中で英語は敵性語だということもあり、ロシア語になった」と説明するが、後の人生に大きな影響を及ぼすことになる。
…続きはソースで。
URLリンク(news.yahoo.co.jp)
2022年5月14日 9時30分


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch