【ジャーマン】ドイツ、中道左派が連立政権の樹立で合意 コロナ対策に注力、大麻合法化も [ごまカンパチ★]at NEWSPLUS
【ジャーマン】ドイツ、中道左派が連立政権の樹立で合意 コロナ対策に注力、大麻合法化も [ごまカンパチ★] - 暇つぶし2ch1:ごまカンパチ ★
21/11/25 22:37:30.30 Xsu+frnz9.net
URLリンク(news.yahoo.co.jp)
 ドイツの中道左派、社会民主党(SPD)など3党は24日、アンゲラ・メルケル(Angela Merkel)政権と交代する連立政権の樹立で合意したと発表した。
SPD政権は16年ぶりとなる。
SPDは9月の総選挙で、メルケル首相が率いるキリスト教民主同盟(CDU)・キリスト教社会同盟(CSU)の保守連合に勝利。
緑の党(Greens)、自由民主党(FDP)と連立を組み、新首相にはオラフ・ショルツ(Olaf Scholz)現財務相(63)が就任する。
新型コロナウイルスの世界的流行やベラルーシ情勢、経済回復の停滞といった問題が続く中、比較的迅速に交わされた連立合意は、
ドイツの弱体化を警戒する同盟諸国から歓迎される見通し。
ドイツは新型ウイルス流行の第4波に見舞われており、病床が逼迫(ひっぱく)し、新規感染者数が連日のように過去最多を更新する中、
国内では新政権に迅速な対策を求める声が高まっている。
4期の任期を終えて引退するメルケル首相は23日、連立交渉終盤に入った各党の党首を呼び、急速に悪化するコロナ流行の状況について協議。事態の緊急性を浮き彫りにしていた。
ショルツ氏は、新政権では新型ウイルス対策の危機管理チームを設置すると表明。
病院や介護施設の医療従事者への補助金に10億ユーロ(約1300億円)を費やすと約束した。
3党が24日に発表した連立協定には、コロナ対策の他、石炭火力発電からの撤退を2038年から30年に前倒しする計画、憲法で定められた債務上限を23年に復活させる公約、
嗜好(しこう)用大麻の合法化などの主要政策が盛り込まれた。

関連スレ
【医療】タイ、国際医療大麻研究センターを設立 世界的な大麻の生産・開発ハブになるという計画の一環 [ごまカンパチ★]
スレリンク(newsplus板)


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch