【朝日新聞】戊辰戦争で従軍した桑名藩出身の旧陸軍大将の手紙が見つかる「薩長以外の参謀長は大愉快」 [みの★]at NEWSPLUS
【朝日新聞】戊辰戦争で従軍した桑名藩出身の旧陸軍大将の手紙が見つかる「薩長以外の参謀長は大愉快」 [みの★] - 暇つぶし2ch2:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:12:28.21 Fb1bmStz0.net
その手は桑名の

3:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:12:48.81 +qCglvcJ0.net
黒溝台会戦の時の第八師団長だっけ?

4:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:14:54.39 LLvWalLC0.net
>>3 そうそう。

5:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:15:51.41 9unIxZYY0.net
薩長は北関東を荒らした碌でもない連中

6:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:16:33.73 /cPwTB890.net
旧桑名藩士の子孫のしょくんは、この機会に穂積陳重せんせいの法窓夜話・続法窓夜話を読みましょう

7:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:24:06.36 rQDpEvci0.net
江戸幕府の歴史編纂を勝海舟が妨害したので、
こういう資料が系統的に整理されないままになった

8:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:30:14.05 L6gOy/oF0.net
まあでも、明治の能力主義を示した人事だよな

薩長も、自分たちの利益だけを考えてたわけじゃなかったってことだろ

9:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:33:29.48 /YI+UK9p0.net
>>8
良くも悪くも西郷の反乱が大きい。
そもそも薄い人材がはっきり減ったからね。

10:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:33:53.79 eMBSXq8N0.net
>だが、軍略と統率力を買われて、1877(明治10)年の西南戦争で再び戦場へ。
>西郷隆盛を討ち取る部隊を率い、勝利の立役者になったことから、
西南戦争って旧幕府側の人間がめっちゃ頑張ったらしいな
憎っくき西郷を討てると

11:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:34:02.69 yXlObIC00.net
>>8
それだけ人材が不足してたんだろ
裁判官から軍人てあり得ないだろ

こういう人材不足が日本のダメなところなんだよな

12:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:36:57.93 ZYwMTelv0.net
内戦は終結後如何に迅速に融和を図るかが重要となる
締め付けては全体国力を損じる
アメリカでは南北戦争後レコンストラクションを進めて南部連合大統領ジェファーソンデイビスも総司令官ロバートリーも釈放された

13:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:38:44.37 LLvWalLC0.net
>>8 最後まで新政府に抵抗した榎本武揚の立身出世ぶりを見ればねぇ…

14:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:41:32.25 Wn7w56an0.net
>>11
少し前までは侍に判事兼検事をさせてたんだから、あんまり違和感ないと思う

15:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:41:45.21 tP8auUsg0.net
いつかは大河ドラマの主人公に。
正直藤堂なんかよりははるかに面白い。

16:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:43:55.08 LLvWalLC0.net
>>15 日露戦争のドラマは、金がかかるんだよぉ…(*_*;

17:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:45:30.24 L6gOy/oF0.net
>>15
具体的な良い悪いはともかく、こういう無名の人を取り上げるのは良いと思う

18:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:51:35.44 mq7CnMe20.net
歴史捏造新聞朝日の記事

19:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:54:20.66 fcKOGuzK0.net
なんか小説で読んだ気がするんだが……

20:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:54:33.95 LLvWalLC0.net
>>18 朝日ガーは出てこなくていい。

21:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:57:08.75 GNnT7nBr0.net
日露戦争の英雄だな

22:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:57:46.51 XQ2E3jQU0.net
桑名藩冨田の焼き蛤なんだな
現在の行政区画で言えば桑名市ではなく四日市市

23:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 09:59:48.54 ZNg3gYm+0.net
>>11
逆だよ。
民間に人間が役人になったりと人材の風通しがよかったんだよ。
昭和になってそういったことが無くなって官僚はずっと官僚のまま、
政治家はずっと政治家ってなって柔軟性が失われたんだよ。
だから国益じゃなくて自分の所属するとこの利益しか考えなくなった。

24:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:03:36.77 ZgUCn4c10.net
薩長土肥を否定し、明治維新を否定。
この流れは皇国史観の否定論、ひいては天皇制の終焉をもたらすだろう。
江戸時代以前の本来の日本に原点回帰する機会。

25:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:04:30.65 ZgUCn4c10.net
皇国史観というものは関西地方のローカル史であって国史と規律するには無理があった。

26:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:08:44.04 74qANtW20.net
尊皇攘夷とかいっててこいつら真逆のことしかしねーww
とかいまの政治とおなじ不満でも書き連ねてたんだろうな

27:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:12:58.62 zWNZQPDI0.net
>>17
無名じゃないよ。幕末をテーマにした小説にもちょくちょく出てくる。
桑名の立見鑑三郎と会津の山川大蔵(浩)。
列藩同盟の誇る智将の一人。
日露戦争の際に、薩長出身の同僚を戊辰戦争で苦戦させた話を持ち出しからかう描写があったな。

28:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:20:23.04 sR7MrIlb0.net
いんちき皇族の天皇制の廃止は良いとして
徳川が国を私物化していた江戸時代以前が
日本本来の姿とか冗談はやめてくれ。
集団で強盗強姦殺人を繰り返していた
武家なんてインチキ皇族以下の外道に過ぎん。

29:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:27:36.15 0Xhd6Kpx0.net
>>11
内戦終って人材散財した後なのにbakaなの?

30:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:32:57.27 pRv/oZqs0.net
西南戦争といった戊辰戦争の後、旧官軍の一部が起こした内戦は、
旧幕府軍側の鬱憤を晴らしたり、地位を向上させた側面も大きいな
これなきゃ、上層部の地域格差はもっと大きく
藩閥政治は、もっと長く続いたかも
ただ、藩閥政治の時の方が日本上手くいってたけどな

31:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:33:59.55 /YI+UK9p0.net
>>11
は?
そもそも日本の法令は江戸時代には御定書100箇条などを基本とする判例法主義で、江戸末期から欧米基準へのすりよりが起こっていたので、それに対応できる人材が必要だった。
当時武士以外で海外の法令等にある程度理解のある人がいると思うのか間抜け。
お前が日本を語るな間抜け。

32:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:36:43.54 hQZCOflz0.net
>>10
だから西南戦争時、政府側の切り込み部隊(抜刀隊)には福島県警からの志願警官が
大勢いたらしい。そして「戊辰の敵は田原坂で討つ」を合言葉に薩摩兵をなで斬りに
していった。結果、会津では「(敵討ちでフルボッコにした)薩摩は許せるが(いまだ
罪を償わない)長州は許せぬ」と今でも言われている。

33:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:37:26.01 4dlaUDKi0.net
>>17
黒溝台会戦といえばこの人なのに
無名かよ(´・ω・`)

34:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:41:15.23 MAq6YVzd0.net
八甲田山の死の行軍をやってもうた第八師団が、冬の黒溝台でその経験が生きて持ち堪えたってのはなんとも皮肉ではあるな

35:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:43:20.20 WJoh7Qql0.net
>>32
向こうも命知らずの示現流で白兵戦を挑んでくるのでどっちも死にまくったそうだな

36:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:43:54.92 tP8auUsg0.net
>>27
立見と山川を同列に語るのは立見に失礼、
荘内藩のあのひとならまだしも。
>>32
抜刀隊の中心は薩摩藩郷士だよ。
福島県の人が多かったというのは誤り。

37:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:45:33.12 tP8auUsg0.net
>>34
皮肉でも何でもない。八甲田の経験で陸軍の耐寒対策が一気に進んだ。

38:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:45:35.87 /YI+UK9p0.net
>>17
立見を無名とはどんなアホだ。
こいつにかかれば児玉源太郎ですら無名と言われそうだな。

39:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:49:41.11 48wanLit0.net
>>8
>>17
バカ丸出しでくさ

40:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:54:56.63 JA4+zFbc0.net
>>2
濡れマンコ

41:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:56:49.04 HlKBRWQb0.net
旧幕府軍は、若手の優秀な奴の抜擢が遅すぎたわな。
幕府歩兵隊だって装備は日本随一だったが、士官が身分をそのままスライドさせた奴だったんで、
ダメだったね。

42:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 10:58:28.66 MAq6YVzd0.net
>>37
八甲田山での遭難者救援の経験から得た知見が大いに役立ってるのは認めてるじゃないか
その事件を起こした当事者が、冬季戦で核となる部署で健闘したのは皮肉だろう

43:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 11:03:37.39 cJTNtHy80.net
さらっと宇都宮城を落城とか書いちゃってくれてるけどよ
壬生藩士を御先祖様に持つ栃木民の俺が面白いとでも思うか?
コイツらは天子様にも徳川宗家にも弓を引いた大罪人どもなんだよ

44:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 11:13:11.57 bUXZsdsM0.net
鬼畜薩長許すまじ

45:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 11:18:17.84 3mhMrgoT0.net
こんなの映画化アニメ化漫画家決定やん

46:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 11:18:24.27 pw6t6CsC0.net
後の桑マンである

47:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 11:25:25.49 ZgUCn4c10.net
>>32
会津藩家老の佐川鬼官兵衛も警視庁抜刀隊として殉職してるな。

48:名無しさん@13周年
21/04/08 11:36:52.62 aiVeoH9yk
>>13
榎本は優秀ではあるが、配下を死地に送っておいて、自分は新政府に使えるその感覚はよくわからんね

49:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 11:32:53.21 cYlntx3J0.net
細かい話だが、
>>1
>立見は桑名藩士の町田静臥の三男として出生。幼少期に桑名藩の立見家の養子となり、
桑名藩を二回繰り返すなよ。二回目は「同藩の」だろ。
朝日は思想は狂ってるが、校正はまともだと思ってたが、もうこんなところからほころびが見えるな。
廃刊してしまえ。
それはさておき、立見尚文はかっこいいね。この人と「花の梅沢旅団じゃないか」の梅沢道治少将がお気に入り。

50:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 11:33:08.47 wpwXGCmf0.net
立見と奥保鞏の二人だけは、旧幕軍出身でも将才の故に重用されたって、司馬遼太郎が書いてたな
色々苦労はあったんだろうけどな

51:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 11:47:09.13 LLvWalLC0.net
>>50 奥は長州征伐に参加してたんだな。

52:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 11:49:35.46 g/ONL3ub0.net
立見鑑三郎か
あちこちに出てくるよな
(´・ω・`)

53:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 11:55:07.40 tP8auUsg0.net
>>47
佐川は抜刀隊編成以前に戦死している。

54:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 11:58:50.47 EgumZmbV0.net
>>1
敵軍であっても有能ならば陸軍大将にまで昇進させたこの明治政府の度量。
これが強かったころの日本の原動力だろうな。
昭和以降の世襲やクソ官僚支配はどうしてもドロドロの権力争いに終始してしまい弱い日本になってしまった。

55:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 12:01:43.06 GNnT7nBr0.net
>>54
同意だな
なんだろな、この国は官僚主義になると安定するけど、発展しなくなる
そのタイミングでイワユル外圧で崩壊するんだよな

56:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 12:02:02.90 tP8auUsg0.net
立見が会津藩士で白河の戦いのときに西郷の補佐をしていたら・・・
と妄想してしまう。会津藩は明らかに人材不足なんだよな。

57:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 12:11:32.78 WEUhXfqh0.net
お主もあこぎよのう

58:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 12:13:38.78 HlKBRWQb0.net
>>56
つーか、立見がそのまま指揮を執るくらいじゃないと。
逆に西軍(新政府軍)はそれくらいのことが出来たから風通しが良かった。
会津は門閥人事が酷かったからね。

59:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 12:15:47.54 kvMwFI6v0.net
>>8
その辺が幕府命の井伊直弼とかとは違うのよね一応薩長は。藩閥政治はやったけどそれだけではない

60:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 12:33:26.14 LaieNvRs0.net
>>16
そこは坂の上の雲のシーンの使い回しで

61:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 12:37:08.66 SZG1b3NR0.net
立見も日露戦争のときはやらかしてるからなぁ。

62:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 12:49:51.63 FFik+jQx0.net
官軍という名のテロリスト

63:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 12:53:04.07 9qs2dL2J0.net
古屋佐久左衛門が生きていればなぁ
明治の世で活躍出来たろうに

64:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 12:53:41.50 tP8auUsg0.net
>>58
越後戦線とちがって会津藩単独の軍じゃなく、
白河は列藩の同盟軍だから西郷じゃないと将は無理。
ただ、あそこで現場の指揮を立見がとっていればな。
板垣とか瞬殺だった気がするよ。
横山も優秀な人なんだが実戦経験が乏しすぎた。

65:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 12:57:24.63 tP8auUsg0.net
>>8
能力主義というより薩摩も長州も内部ゲバルトすぎて仲間で殺し合いが多すぎたための人材不足。
しかも、肥後や土佐の勢力拡大を嫌い、あえて他藩出身者を重用するという。

66:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 12:58:57.09 WLK2uUe/0.net
一会桑

67:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 13:02:44.45 c3lpbJUa0.net
坂の上の雲に出てきた気がする

68:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 13:25:27.04 586sSuJE0.net
>>67
捏造歴史歪曲小説は卒業しよう?
司馬は対中協力者だよ

69:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 15:56:14.19 3MnaXtT50.net
>>22
とんだ食わせ者だな(・я・`)食わせろ

70:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 16:01:29.52 aGDHQc0o0.net
>>3
立見師団は強かったからな
幕府側陸軍士官としては最強かもしれない

71:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 17:19:41.04 MAq6YVzd0.net
>>70
強かったというか、他の野戦師団のように消耗する前だったからな
動員されたのが常設13個師団の中では最後だったため、まだ戦闘による消耗がなく、あらかじめ損害補充に備えて補充員も動員した過定員編成で、他の師団と比べると小銃数で125%という大兵力だった

72:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 17:43:26.00 4VNmyzeZ0.net
>>71
連隊旗奪われた雑魚よりはマシ

73:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 19:44:10.24 yuOvO0Zf0.net
明治政府の首脳は薩長出身者が多かった
両藩とも、薩英戦争や下関戦争で欧米と戦争した経験を持つ
連中の強さを身をもって知っていた
だから日清戦争で勝って遼東半島を手に入れたのに、独仏露の三国干渉に屈して手放したし
日露戦争でも賠償金ゼロのポーツマス条約を受け入れるなど
現実路線だった
昭和になると軍部は東北出身者が増える。
外国を知らず、東北人の頑固さが戦争へ向かった要因のひとつと言われる

74:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 22:15:58.96 tP8auUsg0.net
東北だと出世するには軍人くらいしか未来がないからな。

75:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 22:51:27.48 bQ0YtvsH0.net
>>74 桑名は東北じゃねぇ…(;´Д`)

76:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 22:53:18.02 kvMwFI6v0.net
軍事の才ってかなりの部分センスとか天性なんだろうな。コネがあっても如何ともしがたいよなw

77:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 22:58:32.86 tP8auUsg0.net
河井と立見がいながらも勝てなかった越後戦線。

78:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:22:19.40 bSHIkcFh0.net
歴史家が監修している映画版『るろうに剣心』の小説版でのセリフだけど、
「それまで日本を引っ張ってきた人材の内、半分が維新で失われ、さらに半分が氏族内乱で失われた」
「だから元幕府側だろうと、元賊軍だろうと、使える人材は使わなければならない」
とのこと

79:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:23:13.54 8+a1iXZW0.net
記事を見て最初に思った感想は
「西郷隆盛を討ち取る部隊を率い」って
いや、西郷南洲は討ち取られてないからねw
言わんとすることはわかるが、これはちょっとどうなんだw 
大西郷は城山で自刃したはずだけどなあ。
さもなければロシアにわたったとか満州で馬賊になったとか
汽車に乗って芥川龍之介に会ったとかw 西郷星になったとか
諸説あることは知らないでもないけれど。
(あれ? 汽車であったのは芥川の知人だっけか? 忘れた。
 とにかく死んだはずの西郷と会う話が芥川先生の小説にあるんだよ
 その名も『西郷隆盛』って)

80:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:26:14.22 tP8auUsg0.net
「西郷隆盛を討ち取る部隊を率い」なら間違いではない。
「西郷隆盛を討ち取った部隊を率い」なら誤り

81:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:27:39.05 RS9/IT9U0.net
薩長以外の参謀長はダイヤモンド愉快

82:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:30:16.75 8+a1iXZW0.net
で、まあ>1の話題だけど、まあよくね
幕末の外寇の危機や攘夷or開国論を経て
明治維新で日本が統合されるまで"日本人"という意識は希薄だった。
士族も民草もその属する幕府なり諸藩なりの"国人"としての
帰属意識しかなかったなんて俗に言うけれど、まあそうなんだろうね。
そして物事の考え方が固まる思春期をそんな時代で経てさ
一会桑の佐幕藩、桑名藩士としての心づもりで生きて、
のちは命懸けで薩長と戦い、負けたわけだよ。
それで投降して勝者の命令一通で斬刑されかねない時期があったわけさ。
そんで故郷は朝敵賊藩呼ばわりされるわけだけどさ。
これはねえ、きついよなあ。実際、生涯抜けなかったと思うよ。
明治政府のノーサイドな人事登用策で軍事高官に上り詰めても。
それにしてもどうですかw
そこまで薩長藩閥への想いがあったのなら
維新十年目にしての西南戦争での薩軍討伐。
こっちのね、感想も聞いてみたかったね。

83:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:32:20.09 jj1dyraX0.net
将軍家は進んで大政を奉還し、自ら議長となって諸大名による公議制の国をつくりあげる事を望んだ。
それによって、一滴の血も流さずに新しい国が生まれるはずであった。
しかるに薩長はあくまで武力による倒幕を画策し暗躍、妙な合戦をしかけ、
宮廷内の岩倉具視と組んで、親徳川派の孝明天皇を毒殺し、新たに睦仁親王をたてて、錦の御旗を手に入れたものである。
これを謀反と言わずしてなんと言う。
薩長討つべし、薩長にくみする秋田討つべし。

84:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:36:39.17 ytyQXKC90.net
桑名の松平家って、元は白河藩で松平定信が養子に入ったところじゃなかったっけ?

85:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:37:04.60 tP8auUsg0.net
荘内藩には恩があるし、荘内では西郷さんは愛されてるから、
西南戦争は複雑な気持ちだったと思うよ。

86:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:42:16.20 rnQmQkEz0.net
さすが将棋の駒が成る国だな
簡単に敵に寝返る

87:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:43:38.64 eTGClJRZ0.net
>>1
>幕府軍の土方歳三らと宇都宮城を落城させる活躍を見せた。
新選組・桑名藩・会津藩・幕府陸軍で宇都宮の城下町の各所に放火しつつ進軍し
徳川ゆかりの宇都宮二荒山神社にも放火して全焼させ遂に宇都宮の城下町を灰にした
城下町の火災に恐れをなした宇都宮藩と新政府軍は宇都宮城を脱出して逃れたが
土方らの旧幕府軍も自分たちが放火した城下町の大火災の火を恐れて入城せず
その夜は宇都宮城や城下町から遠く離れた場所で野営したのよね笑

88:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:48:52.67 8+a1iXZW0.net
>>77
それに加えてガトリング砲もあったのになあwww
長岡の英雄、河井継之助といえばガトリング砲の人ってイメージがw
とはいえ、これは有名な話だが幕末長岡の戦争はありゃ避けようと思えば
普通に避けられた話で、長岡藩としちゃ中立、さもなきゃ恭順したはずで
その平和が無駄に破られたのは長岡を軽く見てバカにした官軍が悪い。
勝ち筋にあるからって外交の場で他人様に居丈高な態度をとると
どういうことになるのか、これはね、大変悲劇的な話だよ。
そして対外交渉で誰を派遣するか、そこは慎重に人を選ぶ必要があるのは
これは現代の折衝にも応用できる教訓であるよ。長岡戦の前史としてね。
>>78
まあその小説は知らないけどね
幕末から維新の騒擾や内紛や士族の乱で
随分と全国津々浦々の有為の若者があたら無駄に亡くなったことはその通りで
これが明治の世に辣腕を振るったらどうであるかと思うことはあるね。
勝海舟先生も明治も過ぎた世に往時を回顧して
現今のお偉い顕官紳士をみて「生きてるからネー」って評してるから
まあ幕末維新に散った志士の中には大人物も多数いるだろうね。
そして人物払底の時代となればそこは人材登用にも恩讐は言ってられないだろう。
これは明治政府の大量寛宏なところさね。必要に迫られてか知らないが。

89:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:51:03.14 tP8auUsg0.net
物量が山のようにあるなら無双できるが、
物資の乏しいい長岡藩ではガトリング砲は何の役にも立たないけどな。
あの秀才の継之助がなんであんな武器を買ったのかだけが気になる。

90:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:52:11.84 fTdHvuvR0.net
三重県って大将が一人も出てない唯一の県って聞いてた

91:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:52:39.11 lcCqqFNi0.net
巨人ファンと阪神ファンが打ち合ったようなもんだろ。

92:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:56:45.50 8+a1iXZW0.net
まあしかしあのスレで話題になっている
旧賊藩の藩士や、典型的なのは旧幕府の幕臣なんかが
新政府の登用を受けることだけど、これもまあね、大変なんだよ。
自らも旧幕臣で維新後は在野の人だった福沢諭吉翁がいう
のちに維新政府のメンバーになった勝海舟や榎本武揚批判の
『痩せ我慢の説』じゃないけどさ。カッコ悪いわけだよ。武士の一分が立たない。
実際、幕臣はねえ、なろうと思えば人材不足の明治新政府、
これはもちろん倒幕やらかしたカタキに登用されたらしけど
これは甚だ外聞の悪いことだったらしいねw
かつての同僚は勿論、江戸の素町人からも馬鹿にされるわけで。
バカにされても士族特権ないわけでしょうがない。
だけどまあ、官軍に徹底抗戦とかいかない幕臣連中は
「恥を忍んで新政府に奉職する」「ゼニを貰って帰農帰商する」
「無給だけど徳川宗家に従い静岡についていく」の
選択の中から、まあ己を選ばねばならなかったって、これも大変だよなあ。
ちなみに商売なんかにいった奴は士族の商法ですぐダメになったっていうけどね。

93:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:56:52.35 SpxbfrkC0.net
戊辰から日露まで戦い抜いて功績を上げ続けるとかどんだけ有能だったんだ
今自衛官になってもきっと有能な指揮官になるんだろうな

94:ニューノーマルの名無しさん
21/04/08 23:57:09.86 dOwC+Ts+0.net
>>1
>実兄の町田武須計(ぶすけ)
凄えキラキラネームだなw

95:ニューノーマルの名無しさん
21/04/09 00:22:35.29 6i3zSrfP0.net
>>10
大久保利通のところに薩摩人は殆んどのこらず
西郷についていってしまったので
賊軍出身者から募らざるを得なくなった

96:ニューノーマルの名無しさん
21/04/09 00:29:06.08 Klu1WhN20.net
薩摩でも西郷についていかず新政府に残った人の方が多いんだが。

97:ニューノーマルの名無しさん
21/04/09 00:52:20.87 TTMaRQv/0.net
薩長VS土肥 薩摩内部 長州内部
田布施システムというには複雑すぎる構図がある議会政党政治が始まった頃には既に藩閥=政党
とは言い難い状況だし、重層的に見る必要がある

98:ニューノーマルの名無しさん
21/04/09 01:00:03.51 BFNwfAqD0.net
それでも戊辰戦争が2年で終わったことは日本にとってありがたいこっちゃ

99:ニューノーマルの名無しさん
21/04/09 04:31:49.18 8uw5FxpB0.net
クサイ作家先生がいるのか

100:ニューノーマルの名無しさん
21/04/09 04:43:48.71 /ar12V8r0.net
世の中に将軍の才ほど見つけにくいものはない
そうそう試してみるわけにもいかないので

101:ニューノーマルの名無しさん
21/04/09 04:47:20.13 8uw5FxpB0.net
西郷星は言語弾圧や酷い事された側が使える言葉。
朝日は関所を通らずに江戸に入ろうとしてた側か。

102:ニューノーマルの名無しさん
21/04/09 09:10:19.27 ksX8TYnc0.net
>>84 そだね。


最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch