群馬・渋川市議会、百条委証人が証言取り消し 委員長、質問制限か [蚤の市★]at NEWSPLUS
群馬・渋川市議会、百条委証人が証言取り消し 委員長、質問制限か [蚤の市★] - 暇つぶし2ch1:蚤の市 ★
21/02/23 20:09:12.15 KmVgUTWm9.net
 群馬県渋川市の高木勉市長が2019年度の3月定例会中に虚偽答弁をした可能性があるとして同市議会が設置した地方自治法100条に基づく調査特別委員会(百条委員会)で、尋問を受けた証人が証言を取り消すことが22日、分かった。百条委で虚偽の証言をしたり正当な理由なく証言を拒否したりした場合などは禁錮刑や罰金を科せられる恐れがあるため、証言を翻すのは異例。また、中沢広行委員長が委員に対し、次回の百条委で理由を尋ねないよう要請していることも判明した。
 百条委は、渋川市社会福祉協議会の人事に関し、高木市長が「圧力」をかけたとする点が焦点の一つとなっている。今月12日の証人尋問で、高木市長と接触したとされる同協議会の前会長は、「圧力はなかった」と明言していた。
 ところが、19日に開かれた百条委で、中沢委員長から委員に対し、前会長から証言を変えたいと申し出があったことが伝えられ、24日に再び証人尋問を行うことになった。
 出席した複数の委員によると、百条委が終わった直後に中沢委員長から委員に「(証言を変える理由について)『武士の情け』で質問しないでほしい」と、異例の要請があったという。委員を務めるある市議は「『お願い』という形ではあるが、百条委が終わった直後であり、質問するなという圧力と受け取った」と話している。
 一方、19日に行われた百条委は、報道機関などへの開催通知はなく、実質的に傍聴ができない状態で行われた。これに対し、市議会事務局は「急な開催で時間がなく、内容的にも短時間で終わると思い、連絡しなかった」としている。
 地方自治法に詳しい岩崎忠・高崎経済大教授は「百条委は透明性を担保し行わなければならず、証人が証言を変えるのであれば、その理由を尋ねる質問を制限するのは不適切だ。執行機関に対する監視などの機能もあるが、有権者に対し広く問題を喚起する作用もある。開催については、積極的に告知すべきだろう」としている。【庄司哲也】
毎日新聞 2021/2/23 16:00(最終更新 2/23 16:49) 818文字
URLリンク(mainichi.jp)


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch