【宇宙】「クルードラゴン」、野口さん乗せISS到着 賭けに勝ったスペースX『人前での失敗を恐れない、大切なのはどう修正するか』 [かわる★]at NEWSPLUS
【宇宙】「クルードラゴン」、野口さん乗せISS到着 賭けに勝ったスペースX『人前での失敗を恐れない、大切なのはどう修正するか』 [かわる★] - 暇つぶし2ch1:かわる ★
20/11/22 09:06:43.79 rtf3trVS9.net
米国時間の2020年11月15日(日本時間11月16日午前9時27分)、米スペースXは民間として最初の運用ミッションとなる宇宙船「クルードラゴン」の打ち上げに成功した。スペースシャトルの退役から9年、米航空宇宙局(NASA)は宇宙飛行士を送り出すのにずっとロシアの宇宙船に頼らざるをえなかったが、いよいよこの状況に終止符を打つことになる。
起業家のイーロン・マスク氏が02年に設立したスペースXが、太平洋のマーシャル諸島にあるオメレク島で最初のロケットの打ち上げに挑んだのは06年のことだった。しかし、米空軍士官学校の人工衛星を積んだファルコン1ロケットは、打ち上げから約30秒後にエンジントラブルに見舞われた。ロケットは海に落下し、吹き飛ばされた人工衛星は島の倉庫に激突した。
その1年後には、ダミーの貨物を積んだファルコン1が打ち上げられたが、軌道に到達する直前に制御不能に陥った。08年8月の3度目の挑戦では、NASAと米国防総省の小型人工衛星を積んだファルコン1が打ち上げられたが、第1段ロケットと第2段ロケットが分離後に激突してエンジンが損傷し、失敗に終わった。
起業家のイーロン・マスク氏が02年に設立したスペースXが、太平洋のマーシャル諸島にあるオメレク島で最初のロケットの打ち上げに挑んだのは06年のことだった。しかし、米空軍士官学校の人工衛星を積んだファルコン1ロケットは、打ち上げから約30秒後にエンジントラブルに見舞われた。ロケットは海に落下し、吹き飛ばされた人工衛星は島の倉庫に激突した。
その1年後には、ダミーの貨物を積んだファルコン1が打ち上げられたが、軌道に到達する直前に制御不能に陥った。08年8月の3度目の挑戦では、NASAと米国防総省の小型人工衛星を積んだファルコン1が打ち上げられたが、第1段ロケットと第2段ロケットが分離後に激突してエンジンが損傷し、失敗に終わった。
スミソニアン国立航空宇宙博物館のキュレーターである歴史家のジェニファー・レバスール氏は、「スペースXは、グーグルやフェイスブックと同じタイプの企業です。伝統的な企業とは、世代が全然違うのです。お役所仕事のようなところはなく、全員が猛烈な勢いでプロジェクトに取り組んでいます」と言う。
15年にロケットの着陸を成功させるまで、スペースXは多くの失敗を重ねてきた。彼らは飛行データを収集するための打ち上げを公開で行い、ブースターが爆発する様子も隠さなかった。このアプローチはスペースXの新型ロケット「スターシップ」の開発でも見られ、同社はテストで試作機を破壊しながら設計上の問題を解決している。
「『人前での失敗を恐れない』という同社の姿勢は、従来の宇宙船の開発モデルとは大きく異なります」とレバスール氏は言う。このような姿勢の変化は、スペースXの背景にあるカルチャーから来ているのかもしれない。ちなみにファルコン9ロケットは、『スター・ウォーズ』の「ミレニアム・ファルコン」号にちなんで名付けられた。
当初の懸念に反して、新しいアプローチはうまくいっているようだ。スペースXの有人宇宙船「クルードラゴン」はNASAの認証を得た。NASAのお墨付きを得た有人宇宙船は、約40年前のスペースシャトル以来初めてだ。今、大胆不敵で勇猛果敢なスペースXが、宇宙における米国の独立を取り戻そうとしている。
全文は:URLリンク(style.nikkei.com)


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch