【兵庫】身近な川で天然ニホンウナギ 加古川に食用生息、3シーズン目の漁 [靄々★]at NEWSPLUS
【兵庫】身近な川で天然ニホンウナギ 加古川に食用生息、3シーズン目の漁 [靄々★] - 暇つぶし2ch1:靄々 ★
20/08/01 12:56:38.94 pdv3fyqF9.net
身近な川で天然ニホンウナギ 加古川に食用生息、3シーズン目の漁
 8月2日は今夏2回目の「土用の丑」の日。天然ウナギというと高知県の四万十川など清流のイメージが強いが、兵庫県中央部を流れ、河口に工業地帯が広がる加古川の下流にも、食用として扱えるニホンウナギの成魚が生息している。身近な水環境の豊かさに目を向けてもらおうと、近年、漁に取り組み始めた人もいる。(若林幹夫)
 加古川市内でイタリアンレストランなどを営む福井孝佳さん(44)。地元でウナギ漁を始めて3シーズン目になる。7月中旬、加古川下流域の支流で今年初の漁に挑んだ。
 漁は長さ約70センチ、直径約10センチの筒状の「てぼ」と呼ばれる仕掛けを使う。片方の端は穴がなく、ウナギが入ると出られないよう「返し」の構造になっている。
 福井さんは加古川漁業協同組合(西脇市)から1回の漁につき、てぼ5本を仕掛けられる遊漁券(年券税込み3240円)を購入。夕刻、餌のミミズを入れた数本を「ウナギがいそうな」水草の根元などに沈めた。餌の匂いが広がりやすいよう、適度な水の流れも必要という。
 翌日、再び同じ場所へ。梅雨の長雨で膝上まで水位が上がった川に入り、仕掛けたてぼを引き上げる。ウナギが掛かったのは1本だけだったが、「初物が捕れてよかった」と胸をなで下ろした。300グラム近くあり、食用には十分。腹が金色なのが天然物の証しだ。
 1年目は釣果ゼロも珍しくなかったといい、「失敗を繰り返し、どこに仕掛けたらいいのか感覚がつかめるようになった」と福井さん。レストランでオーガニック(有機栽培)食材を扱ううちに、地元の食資源に興味を持ったのが漁のきっかけという
※以下略、全文はソースからご覧ください。

加古川水系の下流域でウナギ漁の仕掛けを確認する福井孝佳さん=加古川市内
URLリンク(i.kobe-np.co.jp)
天然物(上)は養殖物に比べて腹が金色で、頭も大きい(うな高提供)
URLリンク(i.kobe-np.co.jp)
URLリンク(www.kobe-np.co.jp)
2020/8/1 12:12神戸新聞NEXT


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch