【ゲリラに注意】天皇陛下の即位を祝うパレードで警察が警戒 反皇室を掲げる過激派の攻撃に備えるat NEWSPLUS
【ゲリラに注意】天皇陛下の即位を祝うパレードで警察が警戒 反皇室を掲げる過激派の攻撃に備える - 暇つぶし2ch1:おでん ★
19/11/09 11:24:42.02 3OjjrkZ49.net
天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」では、ルートとなる皇居から赤坂御用地周辺に多くの人が訪れると予想されています。
警視庁は、全国の警察からの応援部隊およそ3000人を含む2万6000人態勢で警戒にあたる方針で、
ルート周辺では大阪府警や神奈川県警の警察官が不審な車両が走っていないか検問を行っています。
天皇陛下の即位を祝う祝賀パレードはおよそ30年ぶりとなりますが、前回と今回では、警備の重点ポイントは大きく異なります
昭和から平成への代替わりで祝賀行事が行われた平成2年には反皇室を掲げる過激派がすべての皇室関連行事を攻撃対象として、
皇室関連の施設に迫撃弾を撃ち込む事件や神社への放火など、年間で143件のゲリラや事件を起こしました。
祝賀パレードにあたる「祝賀御列の儀」が行われた11月12日には、皇居に向けて迫撃弾が発射されるなど、
都内で34件のゲリラ事件がありました。
現在、過激派はこうした活動が次第に世間から支持を失ったなどとして、路線を転換して大衆運動や労働運動に力を入れていて、
警察当局は動向を注視しています。
一方で、平成から令和への代替わりとなる今回、警察当局が対策に力を手に入れているのが、
身近に手に入るものを使ったテロ事件です。
海外では、大勢の人が集まる場所「ソフトターゲット」に車両で突っ込むテロ事件が起きているほか、
南米のベネズエラでは、大統領が爆発物を積んだドローンに攻撃される事態も起きています。
警視庁は、車両で突入するテロに備える特殊な機材や大型車両を使って道路をふさぐ対策を取るほか、
不審なドローンの警戒にあたる部隊を配置し、警戒にあたっています。
祝賀パレードの沿道に設置される観観覧者用ブースへの持ち込みが禁止されるのは、
包丁やはさみ、のこぎりなどの刃物、ライターや爆竹、
花火などの火気類、それに瓶や缶、ドローンや上空を飛ばすおもちゃ、
チラシや横断幕、拡声機など、行事の進行を妨害するおそれのある物です。
みずからの写真を撮る、いわゆる「自撮り棒」の持ち込みも禁止されます。
警視庁は、観覧者用ブースへの持ち込みを禁じる物や、禁止される行為について、
ホームページなどに掲載し、注意を呼びかけています。。
URLリンク(www3.nhk.or.jp)


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch