【社会】静岡「サクラエビ」不漁を招いた一流企業のアッと驚く環境破壊 令和の時代に…呆れるのを通り越してエビ反りする他ないat NEWSPLUS
【社会】静岡「サクラエビ」不漁を招いた一流企業のアッと驚く環境破壊 令和の時代に…呆れるのを通り越してエビ反りする他ない - 暇つぶし2ch1:すらいむ ★
19/08/13 18:31:11.23 HZeDfJQB9.net
静岡「サクラエビ」不漁を招いた一流企業のアッと驚く環境破壊
 長引く不漁の影響はその値段を見れば一目瞭然だ。
 静岡県由比港では、伊勢えびの店頭価格が1キロ=8千円のところ、サクラエビは1キロ=1万3千円と過去最高を記録する事態に。
 そうしたなか地元では、ある「一流企業」に疑惑の目が向けられているのだ。
 由比港で地元名産のサクラエビをウリにしてきた飲食店主も悲鳴を上げる。
「サクラエビは高くても1ケース(15キロ)で7万円ほどの競り値でしたが、今年の春には2倍の15万円にまで跳ね上がってしまった。台湾産も使って当座をしのいでいる状態です」
 不漁に苦しんでいるのは、漁業関係者も同じ。由比漁協の宮原淳一組合長は、
「サクラエビの漁獲高は年々減少傾向にはありました。2000年代は1500~2千トンは獲れていたものの、ここ最近は千トン程度。そして、昨年はついに380トンまで落ち込んでしまいました」
 サクラエビが水揚げ金額の9割を占める由比漁協では昨秋、断腸の思いで休漁を決断。
 さらに、もうひとつの漁期である今年の春も駿河湾の由比沖から沼津沖までを禁漁にした。
 結果、今春は85トンと過去最低の漁獲高となった。
 では、サクラエビが伊勢えびより高級品となった不漁の背景には何があるのか。
 実は、地元ではかねてからサクラエビの漁場・駿河湾に注ぐ富士川の「濁り」が問題視されてきた。
 富士川の水質を調査した「たかはし河川生物調査事務所」代表の高橋勇夫氏によれば、
「水の濁り方は尋常ではなかった。川底まで太陽光が届かず光合成ができないため、川底の石には苔が生えません。苔を食べるアユをはじめ、ほとんどの魚が生息できない状態なのです」
(以下略、続きはソースでご確認下さい)
デイリー新潮 2019年8月13日 5時57分
URLリンク(news.livedoor.com)


レスを読む
最新レス表示
レスジャンプ
類似スレ一覧
スレッドの検索
話題のニュース
おまかせリスト
オプション
しおりを挟む
スレッドに書込
スレッドの一覧
暇つぶし2ch